スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

インドの聖者たち #アルナーチャラ山 #パラーニ山 #ヴォルテックス #レムリア

南インドの聖地アルナーチャラを初めて訪れてから20年が過ぎました。

アルナーチャラはわたしもいつの日か向こうの世界にかえるのだなという気持ちを思い起こさせてくれる聖地のひとつです。

ブログをしたためる一つの理由です。



あの頃のティルヴァンナーマライにはまともなホテルもほとんどありませんでしたね。

リキシャのお兄さんに、ここはベナレスと同じように有名な聖地になるよと、真面目に話したところ、物凄く笑われましたね。

お兄さん私が言ったこと覚えているかしら。



きっと今なら、当たり前だろうって言われるのでしょうね。



アルナーチャラ山はその霊的な重要性の大きさから、ふさわしい時期が来るまでその光が隠されてきた聖地のひとつなのだと思いますが、現在ではもうヴォルテックスのバルブの栓が完全に開かれ、燦然と輝く覚醒状態にあるのでしょう・・・。



古いインドの聖典ではアルナーチャラのことを南部のカーシー(ベナレスの昔の呼び名)として語られているそうですね。





インドにはマハーシッダとして知られるババジやその師匠にあたるアガスティヤ、ボーガル(ボーガナタル)のような古代レムリアの霊的系譜とつながりのありそうな偉大な聖者がたくさんいて、ほんと凄いと思いますが、書籍『ババジと18人のシッダ』によると、比較的最近の時代に生きていたヴァダルール(Vadalur)のラーマリンガ・スワミ(Ramalinga Swamigal)もババジやボーガルと同様最終サマーディのソルバ・サマーディに至っている聖者だそうですね。



わたしの古い知り合いにティルヴァンナーマライで生前のラマナ・マハルシの信奉者の一人として彼に奉仕していたと聞くラーマ・アンナマライ・スワミという方がおりました。

その彼が亡くなる直前、最後にアルナーチャラでラーマ・アンナマライ・スワミに会っていた時期、彼はしきりにヴァダルールのラーマリンガ・スワミの名前をだしていたのです。



ラーマリンガ・スワミの臨終は、ヴァダルールからすぐ近い5キロほど南に位置するメットゥクッパム村(Mettukuppam)の現在は「聖なる奇跡の館」(Siddhi Valaga Thirumaligal: the secred mansion of the miracle)と呼ばれる場所で肉体を消滅させこの世での人生を終えているそうですが、その様子は『ババジと18人のシッダ』…

最新の投稿

聖なる地にて #バリ島 #ブサキ寺院 #ティルヴァンナーマライ #アルナーチャラ

TIME HAS COME 最近わたしが感じていること #キリスト意識 #神性の降臨

ケビン・ライアーソンのチャネリングビデオ #アトゥン・レイ #レムリア人

大ピラミッド王の間の誘導瞑想 #エジプト旅行 #パワースポット #チャネリング

ギザの大ピラミッドの役割 #エジプト旅行 #パワースポット #チャネリング #ピラミッド パワー

ギザの大ピラミッドとETバシャール #エジプト #パワースポット #チャネリング#ジャーメイン

ギザの大ピラミッド貸切 #パワースポット #エジプト旅行 #ピラミッド瞑想